包茎手術で後悔してしまう後遺症とは

包茎手術は手術の中でも相当に難易度が高いと言われています。陰茎の正常時と勃起時では大きさと硬さがまったく異なりますので、これを考慮したうえで施術をする必要があるわけです。痛みや腫れなどが生じるのは手術という性質から仕方ありませんが、稀にツートンカラーになる、突っ張るなどの後遺症が見られています。さらに重度の後遺症になると勃起障害や壊死などもあるため、包茎手術を受けるクリニック探しは慎重に行ってください。

手術後にある程度の違和感を覚えるのはよくあることです。歯科治療においても言えますが、歯を1本入れ替えただけでも違和感を覚えるでしょう。包茎手術を受けることで以前と陰茎の形状が異なっているわけですから、慣れるまで違和感があるのはめずらしくありません。ただ突っ張りが何年も続くようなら問題がありますので、再手術を受けて改善させる必要があります。包茎を改善するために行うわけですから、後悔しないようにしたいものです。

クリニックの技術力を見極めること

勃起障害や壊死などの後遺症は滅多なことでは発生しません。ただクリニックの技術力が極端に未熟だと、発生するリスクは少なからずあります。包茎手術は非常に難易度が高いですが、その多くが自費診療という性質からクリニック側は大きな利益を得られるのです。そのため技術力が未熟にもかかわらず、包茎手術に参入してくる医師は少なくありません。こうした医師は安さを武器にして宣伝することが多いですが、男性のコンプレックスに関わる問題なので慎重に行ってください。

ツートンカラーになったり突っ張りを感じたりする後遺症は比較的多いです。見た目に明らかな違和感が生じてしまうと、それがコンプレックスになりかねません。包茎を改善するために包茎手術を受けたのに、別のコンプレックスが生じるようでは後悔するでしょう。包茎手術は自費診療のため安く受けることはできません。極端に安値を提案してくるクリニックと契約する場合は十分な下調べが必要です。

まとめ

包茎のコンプレックスを解消するために包茎手術を受けたのに、失敗して後遺症が残るというケースはあります。比較的多い後遺症はツートンカラーや突っ張りなどであり、医師の技術が未熟だと発生しやすいです。さらに後悔してしまう状況には勃起障害が残る、細胞が壊死するなどがあります。包茎手術のリスクを最小限に抑えるには、実績あるクリニックで治療を受けるのが一番です。料金の安さだけで選ぶのではなく、技術を第一に考えて選んでください。